新刊情報

2018年10月20日の注目新刊!

もふもふ日和

10月20日の注目新刊は

いぶり暮らし(8)


同棲3年目の頼子と巡。週に一度、休みが被る日曜日の楽しみは‘燻製’
いろんな食材を、“ゆっくり待って、おいしくいただく”燻製グルメ漫画第8巻

燻製、、趣味でやってる人が意外と多いですよね!
お手軽なものから本格的な燻製器まで、いろんなアイテムも紹介されてるので、
これをキッカケに初めてみるのもいいかも(゚ー゚)(。_。)ウンウン

火色の文楽(3)


かつてバレエ界の星と呼ばれ将来を期待されたが、怪我によりその道を絶たれた青年・迫弓矢
そんな弓矢が失意の中出会ったのは人形浄瑠璃・文楽

400年の歴史を誇る伝統芸能の世界を描く物語、最終第3巻です!

もふもふ日和(1)


アルパカのパカ代が営む癒しの空間‘もふもふ庵’
“いつでもあっためます”の看板につられてやってくるお疲れ気味のお客さんを、パカ代が片っ端から癒していく癒し特化漫画です(d´∀`*)グッ!

‘もふもふ’に‘アルパカ’…ちょっと安直な気もしますが確かに癒される協力タッグです(゚×゚*)

無職強制収容所(6)


2022年、非労働者再生法が成立した日本。6カ月を超えて収入のない者は、再生処置施設で脳のリライト処置を受ける。
外資系投資会社に勤めていた神条達也は職を失ってしまうが、彼が送られたのは再生施設ではなく、異常な訓練と洗脳、啓発が行われている強制収容所だった…!