注目の話題作

「ダンジョン飯」注目の九井諒子さん初の長編ファンタジー

ダンジョン飯

ひきだしにテラリウム」など多くの短編作品で人気を博した九井諒子さんが、ついに長編に進出です!

ダンジョン攻略、王道ファンタジーかと思いきや…

モンスターを倒して…食べる??

はたしてどんな作品になるのでしょうか!?

あらすじ

狂乱の魔術師に囚われた黄金の国が眠るというダンジョン。主人公ライオス率いるギルドは最深部まであと少しという所でドラゴンと戦いますが、空腹が原因で追い詰められてしまい、、

絶体絶命のピンチの中、ライオスの妹ファリンがドラゴンに食べられながらも他のメンバーを魔法で地上に送ります。

消化されてしまったら蘇生もできない!ファリンを救うため再度ダンジョン突入を決意しますが、アイテムや食料がなければ金もない、、!

もうなす術はないかと思われたその時、ライオスは衝撃的な言葉を口にするのでした…

“食料は迷宮内で自給自足する”

自給自足ダンジョン攻略ファンタジー、始まります(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

ーーーーーーー

というわけで、グルメ特化型のファンタジーです。スライムやら化物コウモリなどおなじみの魔物を食べていくのですが、けっこう本格的に料理しているところが面白いです。。

ゲテモノofゲテモノしかいないダンジョンで「あれ?これ美味しそうじゃん。」って思える料理が出てくるんだから不思議!

しかもご丁寧に材料や調理方法まで解説してくれるので、実用性も抜群です!魔物をつかまえた際にはぜひこれを参考に食べてみて下さいね!

魔物食べちゃう人達

前代未聞の自給自足攻略に挑戦するギルドのメンバー達!魔物食に対するスタンスも様々です

ライオス

リーダーの戦士であり自給自足の発案者。

魔物が好きで、実は前々から食べる機会を伺っていた変人です(゚×゚*)プッ

なんでもかんでも食べようとするのは見ていて面白いですけど、一緒に冒険するのはお断りって感じです(゚ー゚)(。_。)ウンウン

マルシル

魔法使いのエルフ

魔物を食べることに必死に反対するも、想いは届かず自給自足ダンジョン攻略に同行することに。

ライオスが‘歩き茸’を昼食に提案した時にはヘッドスピンして嫌がったほど、、、

変わったものを食べようとする度にピーピーギャーギャー騒ぐのが定番になっちゃってます(゚×゚*)プッ

それでも食べないわけにはいかず、しぶしぶ魔物料理を口に運びますが、結構おいしそうに食べてます。おそるべしダンジョン飯!

ダンジョン飯
出典:ダンジョン飯【第1巻】

チルチャック

罠の解除や鍵開けが専門のハーフフット(身長の低い種族?)。

最初こそ慎重派だったものの、魔物食には割とノリノリ派!罠で出てくる炎で調理を手伝ったりと大活躍です!

センシ

10年以上ダンジョン内で魔物食の研究をしているドワーフ。

魔物食の研究って何なんだ、世間体のいいダンジョンホームレスじゃないかって気もしますが、その知識や経験は本物のようで大活躍します(゚ー゚)(。_。)ウンウン

ライオス達の目的がドラゴンを倒すことと聞き、ドラゴンを調理するのは長年の夢だった!と同行するように。

調理道具や貴重な食材を持ち歩いていて、ダンジョン内にも関わらず鍋やら揚げ物が食べられるのは彼のおかげ!

「あんた何しにダンジョン来てるんだよ。あ、魔物食の研究か!いや、魔物食の研究って何だよ。」という疑問が頭を離れませんが、ダンジョン飯にはなくてはならない存在です!

一味ちがう九井ワールド!

九井諒子作品といえば、独特の世界観をもつ九井ワールドですよね!

ダンジョン飯の世界観は、九井諒子作品集でも多く見られた西洋風ファンタジーになってますが、雰囲気が明るめになっていてより読みやすくなっています(゚ー゚)(。_。)ウンウン

さらに初の長編作品ということで、ぶれない世界観に加えて短編では発揮されにくいキャラクターの魅力が満載(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
九井ワールドの新境地、必見ですよ!

ダンジョン飯は、ハルタで連載中!
現在8巻まで出てまーす!

試し読みはこちら!