オススメ漫画

「戦国妖狐」惑星のさみだれに続く、熱くて泣ける戦国ファンタジー!

戦国妖狐

惑星のさみだれ」水上悟志が送る戦国ファンタジー
知名度は抜群ってわけではないですが、名作として紹介されることも多い惑星のさみだれの魅力をしっかり引き継いだ良作です!

本編のあらすじと魅力を紹介しまっす

あらすじ

人の生活の傍らに、異形の妖怪やバケモノ、「闇(かたわら)」が住む時代
仙道使い・迅火と妖狐・たまは‘世直し姉弟’と名乗り、人か闇かに関わらず悪事を行なう者を退治する旅をしていました

その旅の中、闇を葬る僧兵集団・断怪衆が‘霊力強化改造人間’を作るために人と闇を弄ぶ非人道的な研究をしていることを知ることに…
迅火とたまはそれを止めようとしますが、やがて断怪衆との全面戦争に発展してしまいます、、!

*******

出だしのあらすじは 世直し姉弟 VS 断怪衆 とシンプルなんですけど、実はこれはまだ2部構成のうちの第1部

第2部では主人公も交代し大きな展開を迎え、どんどん話のスケールが大きくなっていきます!

登場人物

1部と2部で主要人物がガラッと入れ替わりますが、
ここでは第1部の主要人物を紹介しまっす

山戸 迅火

戦国妖狐
出典:戦国妖狐【第1巻】

世直し姉弟の弟の方です、
人間ですが特異体質のせいで幼い頃に仙人に預けられ、闇とともに育つ中で人間を嫌うようになってしまったひねくれちゃんです(ノ_-。)

育ての親で師匠である仙人の奥義‘精霊転化’により妖狐になって戦うんですが、この精霊転化がめちゃくちゃ強い!
最初から強いんですが、強敵と戦うなかで覚醒をかさねて更にパワーアップしていくんです。。

それが後に大問題となり、ストーリーの鍵を握ることに…

たま

戦国妖狐
出典:戦国妖狐【第1巻】

見た目は子供ですが200年以上も生きてる妖狐で、迅火の義姉です
人と闇が平和に暮らせる世界を目指していて、そのために勧善懲悪の旅をしています

迅火が精霊転化をする際には血を通じて力を与えますが、本人はあまり戦うのは得意じゃないみたいです。

第1部ではヒロインとして、第2部でも主要人物として登場するキーパーソンですね(゚ー゚)(。_。)ウンウン

兵頭 真介

戦国妖狐
出典:戦国妖狐【第1巻】

迅火とたまが旅の途中で出会い、行動をともにするようになった武者修行中の青年
特殊な能力があるわけでもなければ強くもなく、闇との戦いではビビリっぱなしのダメキャラとして登場しますが、実は唯一第1部2部を通してレギュラー出演を続ける重要人物なんです(゚×゚*)プッ

迅火、たまとの旅の中で人にも闇にも分け隔てなく接することができるようになり、
中立の立場で物語を見届けることになります。

最初はポンコツなのにいつの間にかカッコよくなっちゃう真介の変化にご注目ください!

灼岩

戦国妖狐
出典:戦国妖狐【第1巻】

メインストーリー上はそれほど重要なポジションではありませんが、戦国妖狐をかたる上で絶対に外せないキャラクターがこの子!

ことの発端となる‘霊力強化改造人間’の実験体にされてしまった少女で、
暴走して人間を襲うようになってしまっていたところを迅火たちに救われます

その実態は霊力を持つ少女・芍薬に岩の闇・火岩が封じられたものですが、2人とも自我を保っており良い関係を築けているようです、、よかった。

悲しい過去と業を背負いながらも前向きに生きるところが素敵で、のちにその魅力が戦国妖狐No1名シーンを生むことになります!

千夜

最初は得体の知れない敵として登場しますが、なんと第2部では主人公

見逃さずにバッチリチェックしておいて下さい、、!

今回も熱い!そして泣ける!

惑星のさみだれも熱かったですが、戦国妖狐もめちゃくちゃ熱いです!

戦国妖狐
出典:戦国妖狐【第3巻】

↑ここだけ見ると何言ってんだこのオッサン(゚ペ)?ってなりますが、読んでると一緒に熱くなっちゃうのが不思議…

ストーリーの重要なポイントでは必ずと言っていいほどこんな熱苦しい殴り合いが勃発します(゚×゚*)プッ

泣ける名場面

熱いバトルシーンが多めですが、最初にも触れたように最高の泣ける名シーンもあります(ノ_<。)
そこで登場するのがアマモ一押し芍薬ちゃん
ぜひネタバレなしでちゃんと読んでほしいので、内容は明かしませんが、、

戦国妖狐
出典:戦国妖狐【第3巻】

読んだ後にはこのセリフだけでもウルッときちゃいます(ノ_<。)
もう、、このシーンだけでも戦国妖狐読んでよかった〜ってなっちゃいますよ(゚ー゚)(。_。)ウンウン

*******

熱くて泣ける戦国妖狐
惑星のさみだれが好きって人もそうでない人もぜひ読んでみて下さい!

試し読みはこちら…3巻まで無料!
試し読みはこちら…3巻まで無料!